元気一杯、羽ばたいていくことを願って

「てんとう虫」は中央区のダウン症のある子の親が集まって子ども達の将来を見つめながら、
いろいろ情報交換しようということから発足し、
2007年12月に財団法人日本ダウン症協会(JDS)に準支部として加盟し、2010年〜2012年支部、2013年〜準支部で活動しています。
現在、ダウン症候群だけでなく他の障害を持つ子どもたちも参加する23家族(2013.5現在)が集まる会となりました。
定例会や季節に応じた催し物を行い、家族間のコミュニケーションはいうまでもなく、
“親も子も元気に楽しく”をモットーに笑いの絶えない愛ある会づくりを目指しています。
そして今後は、就学・就労に向けての課題も踏まえ、
より幅広い活動を行なっていくために会員全員がひとつの輪となり歩んでいきます。